適応が難しくなる症状|適応障害の原因を知る|大きな環境の変化で誰でも起こりうる病魔
男性

適応障害の原因を知る|大きな環境の変化で誰でも起こりうる病魔

適応が難しくなる症状

女の人

特定のストレスによる原因

会社などある特定の場所に行ったり人に会ったりする場合、気分が不安定になり、頭痛や発汗など体調面まで悪くなってしまう症状を適応障害と言います。適応障害の特徴は他の精神疾患の中でもはっきりしていて、苦手とする場所や人などに解放されると症状は収まるのが特徴です。つまり特定のストレスに対して敏感に反応してしまうことから、その場所や人などに適応できない性質を持つようになります。適応障害が続いてしまうと、無断欠勤や物を投げるなどの乱暴な行動や言葉が目立つようになるのです。症状に対してどうすることもできず、考え方や生活が乱れてしまうようになるのです。適応障害を治していくには、精神科や心療内科の病院で治療が受けられます。そこでは環境の変化が勧められ、ストレスへの対応を目的としたカウンセリングと場合によっては薬物療法が行われます。適応障害は原因となる特定のストレスをまずなくさなければいけないので、その場所や人から離れる必要があるのです。ストレスがだいぶん軽減された状態でストレスに上手く対応できる認知行動療法などを受けていくと、より社会に適用できる能力が身についていきます。抑うつ状態などの症状がひどい場合は、抗うつ薬などの投薬で改善していくことも可能です。適応障害は原因となっているストレスから抜け出さなければ、いつまでたっても症状はよくなりません。その原因が会社である場合は、慎重に検討をして退職を選ぶか、または一時的に休職をする、部署の移動をお願いするなどが選べます。1人で抱え込もうとはせず、周りに頼ることでスムーズに原因を取り除いていく方法も大切です。

社会の問題と治療の必要性

昔と比べて、適応障害になる人が増えてきたと言われています。他の精神疾患から見ても増加傾向にあるので、社会での生き辛さを感じている人がいかに多いかが分かるでしょう。原因として考えられるのが、ストレスが増えてきた環境で、適応障害の原因で多いのが、勤務先である会社です。会社における問題とは、セクハラはもちろんですが、最近になりパワハラや長時間労働などの対策が重視されるようになりました。ストレスとなる原因がそこに集中しているため、適応障害になってしまう人が後を絶ちません。適応障害になる人だけに問題があるのではなく、会社に対しても改善の必要性が高まってきています。この適応障害は会社に対してだけではなく、癌の末期患者の16.3%に症状が見られるという結果があります。癌の症状や今後に対しての強烈な不安感が、ストレスとなってさらに苦しんでしまうようです。そして、適応障害はうつ病や統合失調症などをのちに発症してしまう場合が見られます。改善できないままそのままでいると、ストレスを長期間受け続けていることから、他の精神疾患へとつながってしまいます。うつ病や統合失調症は場合によっては長期間状態が続くことも考えられ、ストレスを取り除いても必ず解消できる問題ではありません。そのために、適応障害のうちに正しい改善策を行っていかなければならないのです。それの力になってくれるのが専門の治療で、今後も含めて治療が行われるため、信頼して取り組むことができます。自分を守り、ストレスのない毎日を目指すためにも、治療で新しい道を歩んでいけるよう励むことが大切なのです。

Copyright © 2016 適応障害の原因を知る|大きな環境の変化で誰でも起こりうる病魔 All Rights Reserved.