ストレスが原因の現代病|適応障害の原因を知る|大きな環境の変化で誰でも起こりうる病魔
男性

適応障害の原因を知る|大きな環境の変化で誰でも起こりうる病魔

ストレスが原因の現代病

悩む男性

認知行動療法の方法と効果

現代人に増えている病気の1つが適応障害です。マスコミでよく取り上げられる不登校や職場不適応なども適応障害の1種ですし、家庭内でも別居や離婚といった形で表れます。これは社会生活につきもののストレスにうまく適応できず、生活上の変化を受け入れることができなくて精神的ダメージを受けてしまうのです。色々な心身の症状が表れる病気で、通常の日常生活が送れなくなります。鬱病や神経症を患っている場合は別ですが、原因となるストレスがハッキリしている場合に適応障害と診断されます。治療法としては薬物療法や心理療法などが行われますが、一番人気のある治療法が認知行動療法です。認知行動療法というのは自分の中にある価値観を矯正したり学習したりして、その成果を行動を通じて再現していくやり方で症状を改善していくのです。例えば、会社に行くと呼吸困難になるという適応障害の患者は、会社に入ることと呼吸困難がイコールになっているのです。そのため適応障害の症状が出るわけです。このような間違った認識を患者に再認識させて、そのあとで実行に移すのです。間違った認識がしっかりと定着していれば、会社へ入っても呼吸困難という症状は出ないのです。ただしこの治療は時間をかけて根気強く行う必要があります。患者が意識の変革に自覚的になれば完治しやすいので、適応障害の患者や家族には人気があります。このような治療で重要なのはカウンセリングです。特にカウンセラーには患者から得た情報によって根本的問題を探り出すといった役目があります。

日常生活のリズムが大切

適応障害を予防するにはある程度自分でできることがあります。その1つが生活のリズムを安定させるということです。朝起きて、昼間は外へ出て日光を浴び、夜は寝るといった自然のリズムを守ることが大切です。1日のリズムを安定させると脳内の色々なホルモンバランスも調整され、交感神経や副交感神経などもきちんと機能するのです。この生活のリズムを守れないとストレスを溜めやすくなり、不眠症になって心身のバランスが崩れます。生活のリズムを守るためには運動を取り入れることが効果的です。ストレスも運動によって解消できますので適応障害を防ぐことができます。運動の中でも大事なのがリズム運動です。これは、歩くこと、噛むこと、呼吸をすることです。この3つを生活習慣にするとストレスに強い心身をつくることができます。1日1回ウォーキングをして、食べる時には良く噛むことが大事です。またストレス解消にはリラックスすることが大切で、緊張から解き放たれるように工夫をすることです。例えば熱中できる趣味を持つとか、疲労が激しい時にはマッサージを受けるなどです。マッサージは血行がよくなるので健康状態の改善にもなります。アロマテラピーなども精神をリラックスさせる効果があります。良い香りは人間の心を落ち着かせて穏やかにする効果があり、ストレス解消にもなります。1日の終わりには温めのお風呂に浸かって疲労を取り、穏やかな音楽を聴くと心身ともにリラックスして1日のストレスを解消できます。このように自分である程度生活を工夫することによって、適応障害を予防することができます。このようなストレス解消法は、心療クリニックの医師からもアドバイスをもらうことができます。治療と並行して、リラックスが出来る環境を整えていく事が大事です。

Copyright © 2016 適応障害の原因を知る|大きな環境の変化で誰でも起こりうる病魔 All Rights Reserved.